「第一回司法書士と考える認知症セミナー」無事終了いたしました。

こんにちは :-) 

今回は「第一回司法書士と考える認知症セミナー」

のご報告をさせていただきます。

6月5日(日)調布市文化会館たづくりにて

「第1回 司法書士と考える認知症セミナー」を開催しました。

 

開催前から多くのお問い合わせを頂き、ご参加いただいたのは

60代から80代の方を中心に

ご高齢の親御さんを持つ40代~50代の方のご参加もありました。

第1部は「介護は突然やってくる」

IMG_1994

一般社団法人 地域高齢者住宅支援事業協会 多田比呂哉

から「認知症」とはどういう症状か?物忘れと認知症の違いについてや、

「認知症になったらどうしたらよいか」等、具体的な事例を交えて

お話をいたしました。

 

第2部「意外と知らない法的手続き」

IMG_2035

調布みなみ司法書士事務所の安藤信明先生

を講師にお迎えし、

「認知症になる前にできること」(遺言書、死亡後の事務委託、家族信託等)と

「認知症になったらやるべきこと」(成年後見人制度等)

を教えていただきました。

 

2025年には5人に1人はなる

であろうといわれる認知症。

 

参加者の皆さんは他人事ではないと熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

ご参加いただいた皆様、講師の安藤先生

どうもありがとうございました!

この「司法書士と考える認知症セミナー」

第2回の開催が決定しました!!

 

日程は 7月24日(日)です。

場所は1回目と同様、調布市文化会館たづくりです。

すでに第2回のお申込みも頂いています!

 

詳細も載せておりますので、今回ご参加いただけなかった方も

ぜひご参加ください。

 

 

PAGE TOP